おススメの文庫本

「リンカーン・ライムシリーズ」証拠から捜査に結びつく過程の面白さ、最後のドンデン返しがたまらない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

キャサリン・ダンス を先に読み始めたのですが、キャサリン・ダンスで初めて登場したのはライムシリーズの”ウォッチメーカー”であることを知り、これは読まないといけないなという事で「リンカーン・ライムシリーズ」も読み始めました。
ちなみに”ウォッチメーカー”はシリーズ7作目となります。

ボーン・コレクター

1作目:骨が大好きな犯罪者の話。


「BOOK」データベースより

ケネディ国際空港からタクシーに乗った出張帰りの男女が忽然と消えた。やがて生き埋めにされた男が発見されたが、地面に突き出た薬指の肉はすっかり削ぎ落とされ、女物の指輪が光っていた…女はどこに!?NY市警は科学捜査専門家リンカーン・ライムに協力を要請する。彼は四肢麻痺でベッドから一歩も動けないのだが…。

この犯人には「外見より中身が大事」って言う言葉が似合うのですが中身の意味が一般人と違います。その違う中身というのは「骨」です。こよなく骨を愛している犯人の物語です。

ネズミの餌食とか海の満ち引きとか非常に残忍な犯行のやり口は気持ち悪い。

四股麻痺の天才ライムの初作品となるのですが、この作品を読んでて思ったのは始めの方のライムのような偏屈な奴は嫌い、何かと自分中心のような態度がイライラさせます。しかしライムのやり方に逆切れして一度現場を離れた美人の巡査アメリア・サックスがライムの元に戻ってきてから流れが変わり、ライムへの感情も少しずつ和らいでいきました。

また、ライムが長年に計画した自殺の計画をサックスが思い留めさせる場面ぐらいから、ライムとサックスのコンビになる関係性が出てきました。サックスはライムの手足となるかなり重要な役割をこなし、ライム同等以上の頑固さが目立ちつ警察官です。このコンビネーションが次にどうつながるのか楽しみ。

最後のドンデン返し場面は、ちょっと強引な印象はありますが全体的に面白かったので良しとしましょう。

メインキャラは今回の作品で出てきたと思います。これからメンバがどうなるのか、一般人なのにFBIにも偉そうな態度に出れるライムはどうなっていくのか、犯人を追い詰めていくストーリーにも期待します。ライムシリーズも一気読みできる素晴らしい作品です。

コフィン・ダンサー

2作目:陽動作戦が巧みなダンサーとそれを先回りしようとするライムの駆け引きが面白すぎ!





出版書誌データベースより
FBIの重要証人が殺された。四肢麻痺の科学捜査専門家リンカーン・ライムは、「棺の前で踊る男(コフィン・ダンサー)」と呼ばれる殺し屋の逮捕に協力を要請される。巧みな陽動作戦で警察を翻弄するこの男に、ライムは部下を殺された苦い経験がある。今度こそ…ダンサーとライムの知力をつくした闘いが始まる。

飛行機事故で夫を亡くしたが、それでもなお仕事を続けようとする奥様の根性というか肝っ玉がすごい。犯人は棺桶の前で踊るという異名もつコフィン・ダンサー。ライムは以前にコフィン・ダンサーにより部下(大事な人)を殺された背景があり今回は復讐でもあります。

今回も証拠からダンサーを追っていきますが、ダンサーさえも驚くライムが織りなす先回り作戦が面白い。

さて、サブストーリーとなる1作目から気になる関係であったライムとサックスの進展も気になりますね。本作品は1作目から1年半ほど経過した話となりますので、もっと進展してても良いですけどね。こちらも楽しめます。

何と言ってもやっぱり最後のドンデン返しでしょうね。今回も驚きの結果となっています。1作目を越える良い作品でやはり一気読みでした。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*