おススメの文庫本

おすすめの文庫本!「暗黒結晶」結晶と古代都市の謎を解決

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

暗黒結晶

世界規模の大地震から戦争勃発へ。海底にある不可思議な結晶から話が広がります。

概要

「BOOK」データベースより

新世紀最初の日食。世界中の人々が黒い太陽から放たれるフレアに見とれていたそのとき、巨大地震が太平洋全域を襲う。中部太平洋で沈没船探査をしていたジャックのもとには米海軍からの救援要請が届いた。米大統領を乗せたエアフォース・ワンが太平洋上空で姿を消したのだ。軍に遺恨のあるジャックは渋りながらも捜索に乗り出す。一方そのころ人類学者のカレンは与那国島沖に沈むという“ドラゴン”と呼ばれる遺跡へ向かっていた。そこで彼女が目にしたのは地震で隆起した古代都市だった!

物語の始まりから急展開な物語が始まっていきますが、今回の作品はかなりフィクション性がいつもより強い小説です。エアフォースワンが墜落した箇所の物体、その物体に近寄る時の現象。古代都市がいきなり見つかるのもかなり強引な気がします。。戦争まで勃発しますからね。

最後にはすべてリセットされて、良かった良かっためでたしめでたしになります。

太陽フレア、地震、結晶、古代都市の紐づけなど読みどころが多く、テンポ良く話は進みますので、サクサクと読めて面白い事に変わりありません。細かい事はとやかく言わずに主人公の気分で話を読み進めていけば、一気に読みきれてしまう楽しい作品でした。ジェームズ・ロリンズ氏の描画が流石です。






  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*