おススメの文庫本

おすすめの文庫本!ジェイムズ・P・ホーガンのベスト5!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

おすすめの文庫本!ジェイムズ・P・ホーガンのベスト5!

ハードSF作品の巨匠であるジェイムズ・P・ホーガン氏の(2018/11/11時点で発売している文庫本)作品は全て読みました。その中でも何度も繰り返し読む作品から一度読んだだけで終わる作品もあります。

本サイトでも繰り返し読んで面白かった作品はおススメの文庫本として紹介しています。

その中でも必ず押さえておきたい作品(シリーズ作品)を紹介します。
これからジェイムズ・P・ホーガン氏の作品を読み始める方や次に何を読もうかと悩んでいる方の参考になれば幸いです。

5位.量子宇宙干渉機

多次元宇宙。無限数の現在が存在するという話です。感の良い人は違う現実を行き交う量子から違う世界の考えを得るようです。その違う現在と近い現在は現在に生きている世界とほぼ同等の世界かも知れないが、遠い現在だと自分は存在しない現在かも知れない。何かのきっかけで少しずつ未来が変わり違う世界に変わっていきます。。過去ではなく、違う現在にジャンプする話。

ジャンプした先の自分を取り囲む環境を理解することから始まる新しい自分。夢がある話ですが、ジャンプされた側の自分はちょっとかわいそうですね。存在しなくなりますから。

違う次元の宇宙から自分が存在しなくなり、違う自分が自分となったら…ちょっと恐い話ですが、本に引き込まれます。面白い作品でした。

4位.未来の二つの顔

AIが現在はよく言われます。しかし、優れすぎたAIがとる行動は本当はどうなるのか。本当に人類に独立した人工頭脳を操作する事は可能なのか。AIに支配される前段階が舞台の映画「ターミネータ」や支配されてからの映画「マトリクス」など人工頭脳については、本当の所どうなるのかわかりません。

ホーガン氏が考えるAI世界とはどんなものなのか。

今は普通に聞くようになった”ドローン”はこの本でも出てきます。1994年の発売の作品ですが、既に考えられていました。当たり前の事ですが、本の世界のドローンは今のドローンの性能よりも上です。AIの手足代わりになる存在です。

現在の人類がどこまでAIを許容するのかも考えさせられる作品です。

3位.断絶への航海

この作品はホーガン氏が望んでいる世界観が述べられている作品と私は思います。

生まれた時から身の周りを取り囲む環境が揃っていているので、争うことを知らないケイロン人。純粋に自分のやりたい事を追求し、他人のやる事を認めるという関係性。お互いを尊重し認め合うっていうのは難しい事ですが、ケイロン人はそれを実現化している。科学的な発見を抑止する政治家もいないので、ケイロン人は既に地球の科学を超越しています。

そんな状態の中に地球の文化を持った人間がすんなり収まるはずがない。色んなドラマがあります、地球人が大好きな戦争を始めるのか、最後まで一気に読める面白い作品。

2位.創世記機械

読み初めは天才2人が一体何を成し遂げて完結するのかまったく分かりませんでしたが、最後の最後は予想だにしなかった結末でした。

重力の研究の成果が最後のプロジェクトの「ジェリコ」です。

完全無欠と言ってよい最終兵器でこれに勝る兵器は有りません。大興奮の作品でした。

アイアンマン1stの映画を見た人なら「ジェリコ」の意味する所も理解できると思います。映画監督にも影響を及ぼすホーガン氏の影響力は流石です。

1位.「巨人たちの星」シリーズ

「星を継ぐもの」で月で見つかる5万年前の遺体。っという時点で先が気になります。シリーズもので全部で3部+1部の作品です。+1というのは、続きものではありますが、オマケ的な感じです。3部でひとまず全ての話は完結します。

星を継ぐもの

完全に全ての謎は解けていないが、月の遺体、木星の衛星ガニメデとの話がつながる推測が成り立ちます。その推測から月で見つかった5万年の遺体があった原因と特定します。それまでの科学者たちの人間ドラマに引き込まれます。

この本だけでも読んで欲しい。SF作品のトップの作品と私は思います。

ガニメデの優しい巨人

ガニメデの先住民に関わる話です。

ガニメデで調査を続ける中、ガニメデの先住民が帰還します。その船は2500万年前に飛び去った宇宙船で、相対論的時差の影響で今になって帰ってきました。

初めての地球外生物とのコンタクト。宇宙船を管理する人工頭脳ゾラックが地球語を理解し、ガニメアンと交流を果たします。さらにガニメアンを地球に連れて行きます。

ガニメアンのとの接触により、推測に対する新たな解答が得られます。しかし、まだ全ての謎が完全に解けることなく、ガニメアンは旅立ちます。

巨人たちの星

ガニメデを去った先住民はどこに行ったのかが前作の課題の1つでした。前作の最後にガニメアンが向かった星に送信したメッセージの返信が冥王星の彼方から返ってきます。しかも地球のデータ転送コードを熟知しての返信です。

そこから、新たなテューリアン人との接触が始まります。テューリアン人の科学から見ると、地球の科学はよちよち歩きの赤ん坊というレベル。惑星間の全てを管理する人工頭脳ヴィザーが全てをまかなってくれます。前作のゾラックとは比較にならないほどレベルがあがった人工頭脳です。コミュニケーションの手段も格段にレベルアップし、そのコミュニケーションで話はスムーズに進んでいきます。

問題の解決に地球人が役立つわけですが、そのようなレベルの争いに地球人ごときがどのように役に立つのか。読んでからのお楽しみです。

この作品で全ての謎が完全に明らかになります。そういったホーガン氏の発想力は素晴らしいものです。

番外編となる作品ではありますが、楽しい作品です。こちらは、冒頭にホーガン氏が書いてあるのですが、ホーガン氏がメルヘンを書いたらこうなるっといったものです。
コンピュータ内に存在する世界の問題を解決します。
その存在を見つけるまでの経緯など発見までの過程も面白い。なんだかんだと上下巻にわたって解決するお話。
巨人たちの星で問題解決した後の世界がどうなったのかも本作品でわかります。修学旅行に宇宙っていいですねー。羨ましい。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*