文庫本

「キケン」機械制御研究部(機研)の部員たちの若さあふれる学園ドラマが面白い!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「キケン」機械制御研究部の機械とは無縁の話がおもろい

爆弾マニアの上野部長。その部長を越える恐ろしさの大神副部長の2人の二回生と一回生たちの物語

出版書誌データベースより

ごく一般的な工科大学である成南電気工科大学の「機械制御研究部」。略称「機研“キケン”」のこのサークルは、犯罪スレスレの実験や破壊的行為の数々から「キケン=危険」とおそれられていた。激しすぎる「新入生歓迎実験」、学祭での『奇跡の味』の模擬ラーメン店、驚愕の戦法で挑んだロボット相撲大会…。「キケン」な理系男子たちが繰り広げる、事件だらけ&爆発的熱量の青春の日々。本書は、その黄金期の記録である!

上野先輩の爆発系の話から始まります。新人歓迎会のキャンプファイヤー(爆発事件!?)もかなりですが、小学生から養われた爆弾の知識と上野先輩の行動がむちゃくちゃ過ぎてキケンです。この危ない機研の部長が爆発しないように抑え役が副部長の大神先輩。

大神先輩は一線を越えないまでは、少々危ない事でも笑ってる肝のすわった人物。大魔神との異名をもつほどの方です。その大神先輩にも春がくる話で大神先輩の人物像がよくわかります。

学祭では本気モードで挑む一回生たちが熱い!奇跡の味のラーメンキケンのマニュアルが元山隊長により作成され、これが後輩たちに語り継がれる事になる。その味に辿り着くまでの過程、学祭開催中の事件を乗り越えて、伝説になる売り上げを上げるまでの話はそうとう楽しめます。

唯一機研らしい話となるロボット大会。強制的に出場させられた大会ですが、やることはやる機研のみんなが一つになった話。最後の最後が傑作。

学園もので男の友情を描く今回の話、読んでて自分の学生時代を思い出しました。機研ほど盛り上がる学生時代ではなかったので、機研のみんながうらやましい。忘れられない作品でしょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*