おススメの文庫本

世にも奇妙な宇宙物語!マッカンドルー航宙記

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

世にも奇妙な宇宙冒険物語!マッカンドルー航宙記

新たな宇宙航法を思い付き、その宇宙船で宇宙を駆け巡り、様々なドラマが生まれる短編集です。

「BOOK」データベースより

日々、マイクロブラックホールとたわむれる変人科学者、マッカンドルー博士。奇矯な性分で知られるこの男こそは、太陽系でも最高の頭脳をもつ天才物理学者であった。やがて彼自身が開発した画期的な航行システムの宇宙船を駆り、相棒の女船長ジーニーと共に大宇宙に乗りだすが…。二人を待ち受ける驚異の事件の数々。科学者である著者がその才能を遺憾なく発揮した傑作ハードSF。

短編ごとに新しい感じの冒険で楽しく読めます。

出てくる人物を上手く表現されています。マッカンドル―博士は個性的で発想も面白い。ローカー船長とのコンビネーションがいい感じです。ちなみに本作品の視点は船長から見ての構成となっています。

科学的な描画がありますが、わかりやすく理解できるように表現されているので、”科学”という言葉が受け付けない人でもすんなり読めます。

分からない科学要素(カーネル、ブラックホール、特異点、マッカンドル―の相殺航法など)は文末に説明がありますので、そちらを参照すればよいかと思います。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*