文庫本

「空の中」何もない高度2万メートルで起こった航空事故の原因は…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
空の中

「空の中」航空機事故の原因を探る2人と未知の生物に出会った高校生

自衛隊三部作。高度2万メートルに浮かんでいる超巨大な未知の生物とのやりとりの物語。

出版書誌データベースより

200X年、謎の航空機事故が相次ぎ、メーカーの担当者と生き残ったパイロットは調査のため高空へ飛ぶ。そこで彼らが出逢ったのは……? 全ての本読みが心躍らせる超弩級エンタテインメント。

続けざまに発生した航空機事故から話は始まる。

高度2万メートルの事故の原因を調査するべく、航空機の設計者の春名高巳と事故を免れた隊員の武田光稀(みき)が現場につくと謎のコンタクトを受け事故の原因を理解する。

もう一つ、別路線で話が進行します。自衛隊のイーグル実験飛行中に事故にあった斉木敏郎の高校生息子の斉木瞬が、父から高知の方面を飛ぶとの連絡を受けて、その当日に父の飛行機を見るために海に向かうが、そこで未知の生物と出会う。

作者の有川浩氏の巧みな人物表現で各キャラが生き生きとしてる様が目に浮かびます。また物語は読みどころも多くてメインの話がすすみつつサブストーリー的な進行も楽しめます。特に春名光稀 との関係が楽しい。

また瞬をとりまく人物、高知の仁淀川で河漁師をしている瞬の祖父の「宮じい」、その祖父の隣に住んでいる幼馴染みの真帆との絡みもいい。真帆や宮じいの高知便は和みます。宮じいは1人になった瞬を見守る大事な役割であり物語のかなめ的な役を果たします。

有川浩氏の作品は読みやすくて何か幸せな気分になれす。読んでよかった非常に評価の高い作品です。これを読めばあなたも有川浩氏のファンになるはず。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*