文庫本

「海の底」潜水艦の問題児の2人の乗組員と小中高の学生が繰り広げるドラマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「海の底」潜水艦の問題児の2人の乗組員と小中高の学生

潜水艦に留まる事になった問題児の乗組員2人と小中高の学生たちの物語。

4月。桜祭りで開放された米軍横須賀基地。停泊中の海上自衛隊潜水艦『きりしお』の隊員が見た時、喧噪は悲鳴に変わっていた。巨大な赤い甲殻類の大群が基地を闊歩し、次々に人を「食べている!」自衛官は救出した子供たちと潜水艦へ立てこもるが、彼らはなぜか「歪んでいた」。一方、警察と自衛隊、米軍の駆け引きの中、機動隊は凄絶な戦いを強いられていく―ジャンルの垣根を飛び越えたスーパーエンタテインメント。

いきなりザリガニような強大なエビが横須賀を襲いかかる、横須賀港に桜祭りにきていた少年少女たちが潜水艦に避難するという現実離れした事から物語は始まる。

口が悪く思ったことをそのまま言う雑な夏木、やさしそうに見えても内は夏木よりも腹黒い冬原。その隊員2人と高校生の女子、望と中学生の男子、圭介らを中心に話は進行します。

夏木、冬原は問題児と言ってもしっかりした大人で子供達の安全を第一に行動。反抗期の中学生ガキ大将の圭介が言う事や行動に対しても誠実な対応を見せるところは流石と言えます。

望に対して言葉は悪いがしっかりした正論を突き返す夏木の対応などで心が成長していきます。潜水艦内で中の悪い圭介たちと生活環境で言いたい事をはっきり言える人にかわっていく様子がうかがえる。夏木、冬原の対応で成長するのは望だけではなく、圭介を取り巻く仲間も変わっていきます。

圭介自身も自分を振り返って変わっていくが反抗期でスッキリせずモヤモヤします。しかし、この潜水艦の経験がきっかけで人生がかわります。

ザリガニのような甲殻類から人を守るために警察や機動隊の行動も読みどころ。最後は…。

人生の分岐点がはっきり描かれた素晴らしい人間ドラマでした。いい本に出合いました。作者、有川浩氏の他の物語も読んでいきたい。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

海の底 (角川文庫) [ 有川 浩 ]
価格:775円(税込、送料無料) (2021/9/30時点)


「渚にて」人の心を和ませる作品


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*