雑記

エアフリーコンセプトで空気不要の自転車が実現される!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ブリジストンが開発する空気不要の自転車

東京オリンピック前の2019年に実用化が予定されています。

BRIDGESTONEより

「エアフリーコンセプト」は、タイヤ側面の特殊形状スポークにより荷重を支えることで、タイヤへの空気充填を不要とする技術です。また、材料にリサイクル可能な樹脂やゴムを使用することで、資源の効率的な活用にもつながります。

 今回、株式会社ブリヂストンとブリヂストンサイクル株式会社は、「エアフリーコンセプト」を用いて、パンクの心配のない自転車用タイヤを開発しました。さらに、スポークに使用する樹脂ならではのデザイン自由度を最大限に活かして、従来にない次世代型自転車の提案が可能となりました。

久しぶりに自転車に乗ろうという時でも空気の心配が要らない自転車には憧れます。パンクの心配から解放されるのもいいです。河川敷で自転車道でない土の道を走る時はちょっと心配していましたが、そんな心配は無くなります。

実用化されれば、色々な手間や心配が解消されます。ロードバイクに乗られている方が一番喜ばれるかと思います。

エアフリーコンセプトは自転車だけなく、自動車にもあります。

 今回、新たに採用した技術と特徴は、次のとおりです。

1. 耐荷重性と走行性向上による「機能性の強化」

特殊形状スポーク部の材質に、高強度でありながら柔軟性を持つ高機能の樹脂を採用、またスポーク部の設計には、タイヤ内部の応力やひずみを低減させるために、FEM(有限要素法)シミュレーションを活用することで、形状をこれまでよりも最適化しています。これにより、第2世代の「エアフリーコンセプト」は第1世代から、耐荷重性及び走行性能を向上させており、機能性を強化※2、超小型モビリティ※3を用いた高速走行(最高速度:60㎞/h)も可能となりました。

2.CO2排出量削減に向けた「低転がり抵抗性能の追求」

タイヤの転がり抵抗は、タイヤが転がる際に変形を繰り返すことで生じるエネルギーロスが約9割を占めています。今回、新たな材料を採用するとともに、タイヤの構造面をシンプルにしたことで、エネルギーロスの大幅低減に成功しています。これにより、空気を用いないタイヤながら、当社の空気入り低燃費タイヤと同等の低転がり抵抗性能を達成しており、CO2排出量削減への貢献が可能となりました。

タイヤの技術の進歩ですね。実用化が楽しみです。

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*