雑記

涙の花粉症対策!花粉症患者が試して対策効果があった3点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

花粉症対策に役立った3点を紹介

10月からスギ花粉が発生してきます。地域にもよりますが、敏感な人は9月からすでに鼻がむずむずしてきます。

私はまだ軽度な方なので12月頃から辛い時期になり3月頃がピークになります。

花粉症でなかった時は何がそんなに辛いのかわかりませんでしたが、いざ自分が花粉症にかかったら、大変であることがわかります。

かかり始めの時は風邪だと思っていたのですが、様子がどうもおかしい。症状が花粉症であることを友達から言われて、花粉症デビューを認識。即座に購入した花粉対策のマスクでしたが、思うより効果がない。

花粉症が発症すると仕事にならない…うぅぅ。色々試すしかない状況となり最終的に3つのアイテムで効果がある所まで行きついたので報告したい。(現在(2017))


1.マスク

マスクは色々試したのですが、このマスクがベストです!レビューでは花粉に良いというのはありませんが、FIT感もよく気密性も良いです。着けていて耳が痛くならなのは重宝しています。50枚入りなので、毎日新しいのものを利用しています。

100枚入りのもありますが、多すぎて最後の方とか衛生的によくないような気がする。30枚入りもありますが、それでは何か普通過ぎてお得感がない。ってことで50枚を使用しています。(個人的な意見です)

気密性が高いので、普通の風邪予防にも良いと思います。電車では重宝するでしょう。風邪予防にも花粉症にも気密性はかなり重要です!

2.鼻マスク

私は1番重宝しているものです。

マスクをしてると声がこもり気味になるので、話難い場合があります。客先での対応や電話での応対をする時にマスクはできないケースもありますが、そんな時はこちらです。
[ノーズマスクピットR 14個入]

上を向くと白いマスク部分が見えますが、普通に着けるのにはほぼ見えないので問題ありません。しかも効果も高いです。初め着けてた時は少し違和感はありましたが、すぐ慣れました。

個人差はありますが、装着してると直ぐ見えちゃう人は気持ちうつむき加減でいれば大丈夫です。話す相手が鼻マスクが見えて気にするようであれば、花粉対策のマスクをしてますと、言っちゃえば良いと思います。花粉で辛い思いするよりずっとましです。

ちなみに私は、通常はマスク+鼻マスク。お客様や電話の対応の時は鼻マスクだけっていうスタイルにしています。

3.べにふうき(緑茶)

ルイボスティー、甜茶などの飲み物も色々試しましたが、これが1番効き目があった。また量が多め(5g)なので、これを朝に600mlのお湯に浸けて、水筒に入れて毎日会社に持って行っています。

  1. 花粉対策に効果的
  2. 鼻水も止む
  3. 5gで量が多め(1ℓのお湯でも何とかOK)
  4. ティーパックで扱いやすい。(粉は不便です)
  5. 普通の緑茶と変わらず飲みやすい

「べにふうき」と言っても色々種類はあり、以下のが一番効果があるように思う。

花粉をいつでもどこでも100%防ぐというのは難しいですが、以上の3つで何とか花粉症を耐え忍んでいます。ティッシュの使用量などかなり減ったし、何よりお客対応できる安心感が付いたのが1番良い点です。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*