雑記

「ラフロイグ」飲めばハマる香りとコク!アイラモルトウイスキー素敵です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

アイラモルトウイスキー、ラフロイグ(Laphroaig)

アイラモルトウイスキーの美味しさがわかり、気に入って飲んでたウイスキーでは物足りなくなりました。。。

アイラモルトウイスキーとは?

「アイラ島」はイギリス北西、スコットランドの西にある島。モルトウイスキー(スコッチウイスキーの1種)は原材料の大麦麦芽を単式蒸留器で蒸留したウイスキー。アイラ島で造らえるモルトウイスキーがアイラモルトウイスキーと呼ばれます。

香りの源

草や灌木などが堆積して生成されたものを泥炭(ピート)と呼びます。そのビートを用いて麦芽を乾燥させる時に香りが移りスモーキーさを醸し出します。

ラフロイグの香りとその味は?

スモーキーな香りはアイラモルトウイスキーとしては欠かせません。スモーキーな煙たい香りもしっかり愉しめます。

40度のウイスキーのパンチ力はそれほど感じることなく、スモーキーさが口の中に広がって飲みやすいウイスキー。まろやかさが感じられるのがラフロイグの人気の秘訣かも。

飲み方としてはロックかストレートがいい感じ。ロックでアイドリングを楽しんで、氷も溶けてきた3杯目からストレートで仕事の疲れを癒す。自分の世界に浸れます。

ラフロイグは万人受けするやさしい感じの味。アイラモルトウイスキーを初めて飲む方でも飲みやすく、スモーキーな美味しさのスイッチが入りやすいウイスキーかと思います。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*