雑記

手の指の間のかゆみ、水泡(汗疱)、荒れ対策で完治を試みる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

手の指の間のかゆみ、水泡、荒れの対策(汗疱状湿疹)

2年ほど前から両手の小指、薬指の間にかゆみが出て、たまに小さい水膨れが出来たりしていました。

調べてみると汗疱という病気に症状が似ている。

wikiより

汗疱状湿疹(かんぽうじょうしっしん)

症状

手掌・足底に小水疱が左右対称に出現する。それを放置すると、乾燥してがさがさになる。手だけでなく足に現れる事もあるため、水虫と一緒にされがちだが、菌は存在しないため感染は心配しなくてよい。また、水疱が出現する初期に非常に強い掻痒や不快感をともなう。小水疱は融合して大きな水疱になることもある。春・夏に悪化し秋になると軽快することが多い。

様々な皮膚科に見てもらいまいしたが、いつもぬり薬が出て「頻繁にぬってください」で終了。

ぬってる間はかゆみは収まるが、ぬりすぎると皮膚がおかしくなって普通の状態ではなくなるので、少し控えるとと痒みが酷くなる。水泡が出来てつぶす気は全くないが、普通に仕事や生活してて気が付くとつぶれて肌が荒れる。薬がきれたらまた病院。繰り返しで全然完治する様子がない。

う~ん、どうすれば良いものか。

かゆみが酷くなる、荒れが酷くなる、水泡ができた場合を考えると以下のような場合に症状が発生する。

  • お湯で手が温まった時、洗い物した後にかゆくなる事が多い
  • 洗い物したら荒れが酷くなる
  • お風呂に入った後に荒れが酷くなる
  • 水膨れはお風呂の後に時間が経った後とか、起きた時とかにできる事が多い

お湯が関連してるよう。お風呂のボディーソープ、シャンプー、トリートメントが悪いのではないかと考え、シャンプーと肌の事を調べてみると「シリコン」成分が肌に悪いとのこと。

では、いつもはスーパーで購入しているのを止めて、ノンシリコンのシャンプーを購入、同じ種類のトリートメント、ボディーソープもあったのでまとめて購入。痒みには市販の薬で対応できないか検証用に「フルコートf」を購入。

これで解消できるか実験。




<2017年6月17日>検証開始

シャンプー、トリートメント、ボディーソープの検証開始。かゆみが止まらない状態。皮膚化膿部分には「フルコートf」を朝一、寝る前に塗る。

指の荒れ状態

<2017年6月24日>

かゆくても我慢した1週間。かゆみはまだ少しありますが効果を少し実感。化膿部分の皮膚の修復はは3日ほどで効果はでてきました。

20170624

<2017年7月2日>

水泡が小指の第2関節の下あたりにできていますが痒みはそれほどない。潰さないように気を付ける。

汗疱がでた原因は洗い物と予想。夜帰りが遅い時は自分で食器や弁当箱を洗うし、焼肉などのプレートなどは私が洗うのでそれが影響してるかと。

皮膚が乾燥肌状態となり、小指と薬指の間にひび割れが出てきて痛い。ひび割れに効くワセリンを購入して対策してみる。会社で手を洗った後や食器洗いなど水を使った後にぬる。フルコートfは変わらず朝一と寝る前だけ。

<2017年12月30日>

10月の状態を維持!

症状が出ないように半年は油断せず、完治まで刺激を与えないように注意している状況。2018年6月までは最低今の対策を継続する。水泡の再発は本気で嫌。

 
 

<2018年2月15日>

途中経過報告。まだ10月の状態をキープ。

1月末に薬指と中指の間の指の付け根部分が荒れたようで少しだけ皮がむける事があったが、水泡のようなぶつぶつはできず。水泡対策は問題なく継続できていると思える。軽くフルコートfを塗りました。

<2018年4月2日>

完治しているとちょっと思い始めた。

手荒れすることがなくなったし、お風呂の後や皿洗いの後でも痒みは発生しない。

6月に報告します。もうすぐ1年か…早いなー。

<2018年6月2日>

遂に目的の日まで再発する事はありませんでした。2年間は病院から薬もらっても無くなったら再発していたのを考えると、今の状態は完治したと言っても良いでしょう。

※薬指の根元が赤くなっているのは、運動会のPTA綱引きで負傷した痕です。

病院行って、塗り薬貰って、治って、再発して、のループから解放

手を洗った後、洗い物の後など、水やお湯をさわった後にワセリンを塗り、肌を乾燥させない事が完治大きく影響したと思います。

とりあえず、1年間を再発せずに乗り切りました!!

<2018年9月15日>

夏の汗ばむ時期は大丈夫か心配していたのですが、水泡は発生せずに夏を乗り越えました!この成果はかなり大きい!

結論

水泡が出来た時、人の我慢の限界を超えるので掻いてしまうが仕方ない。あの痒みは我慢できません。搔いた後に化膿状態になったような皮膚にはフルコートfをぬって痒みを抑える。痒みが収まりだしたら、ワセリンをぬるようにして保湿を継続。

いつの間にか水泡は発症しなくなります。実際にやった事は以下の3つ。

  • 朝一、寝る前にフルコートfを塗る。
  • シリコン成分の入っていないシャンプー、トリートメント、ボディソープを使用
  • お湯、水を扱った後は必ずワセリンをぬる。会社でも。

痒さの苦しさ分かります。この1年頑張った情報が参考になればよいのですが。

★皮膚の損傷が激しすぎる方へ。
フルコートfが効果を発揮するかと思いますが、塗りすぎに注意が必要です。朝、夜に一回ずつ塗るぐらいで抑える。成分にワセリンも入っていますので、塗った直後にワセリンを塗る必要はありません。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*