お出かけスポット

「冒険の森 in のせ」木の上をアドレナリン爆発で冒険しよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「冒険の森 in のせ」木の上をアドレナリン爆発で冒険しよう!

大阪の北の端って言ってもいいでしょうね。能勢の山奥にあります。対向車きたらどうしようって道を上がって行くと辿り着きます。

アスレチックとはちょっと違います。タイトルにもありますが、木の上を冒険します。器具を取り付け絶対安全な状態で数々のアクテビティを乗り越えていきます。ちなみに今回はアドベンチャーコースの体験です。

まずは受付し、ハーネスの装着まで時間を潰します。結構時間はありますので、この間にトイレなど済ましておいておけば良いでしょう。現地に行けばわかりますが、休憩の施設があります。そこの2階に小さな図書館があるので、そこで子供達は時間をつぶしていました。すぐ戻って来てましたけどね。

いよいよハーネスの取り付けを行い、器具の説明を受けます。取り付けたハーネスのアイテムには赤、青、黄のテープが付いてます。各アクティビティにも色のついたテープがあるので、色を合わせて結合し安全を確保してアクティビティに挑みます。

幾つかのグループ(今回は5グループでした)と一緒にコースを回る事になります。順番決めのジャンケンで1人負けして、私のグループが1番初めにコースに挑む事になりました。冒険の森では負けた順のようです。Good!1番は希望通りです。

順番が決まれば、まずはレッスン用の簡単な基本アクティビティを体験して覚えます。

器具の取り付けは体で覚えました。さーいよいよ本番へ向かいます。

サイト1

まずは手始めですね。簡単なアクティビティをこなして体を慣らします。アクティビティよりここまで坂を上ってきた方が疲れたのは私だけでしょうか。。

サイト1の締めくくりは簡単なジップラインです。各サイトの締めくくりはジップラインで地上に降り立ち終了って感じになります。

サイト2

難易度が上がっていきます。掴まるところも無、自分の器具のロープだけを持って板を渡ったりするのもあります。ドキドキですね。けど、落ちたくても絶対に落ちないので安心して進みましょう。

面白いアクテビティの1つで「スパイダー」があります。ターザンとまではいきませんが、ロープですーっと進んで固定されていないフリーの網を掴んでその網を上がっていくものです。名前の通り蜘蛛みたい感じのアクティビティです。楽しいですよ~。あまりに楽しいので「ヒューッ」って叫んで滑ってました。…叫んでたの私だけでしたけどね。

サイト2も小さめのジップラインで地上に降ります。サイト1のジップラインは正面から足で着地できたのですが、サイト2では体が回転しておしりからの着地になってしまいました。結構難しい。私がジップラインする時は両手を離して万歳した状態で滑ってます。それが正面から着地できない原因かも知れませんが、両手を離してフリーで滑った方が気持ち良いのでこれは譲れませんね。

サイト3

サイト3の1番初めのアクティビティが少し難易度の高いアクティビティで、一緒に行ってた友達が苦戦し、体力も無くなってきたので、サポートに回り、写真を撮る余裕がありませんでしたが、何とか乗り越えました。

写真はサイト3の最後のジップラインです。サイト3では2人同時にできるスパイダーもあります。体力がきつい人はスパイダーをせずに回り道するコースもあります。体力に応じてコースを進んで下さい。

ファイナル

結構な高さです。私は高い所がどちらかと言えば好きな方なので、うきうきしてました。辿り着く先がどこかわかないまま約500mのジップラインを滑ります!

めちゃめちゃ最高!

これは是非体験して欲しい!滑ってる時の解放感、表現できないぐらいの最高の気分です!!…両手広げて軽く回転してました。着地はおしりからでした。。。

↓ゴールからの眺めです。

眺め見てるだけでも和みます。子供達が滑ってくるのは動画を撮ってました。

これで終わりかなーって思ってたら、帰りにも最後のジップラインがあります。池を横断するジップラインです。

私は結局おしりからの着地ばかりでしたが、長女は見事に足からの着地です。”こつ”が掴めたそうですが、残念ながらこれが最後です。

全てを終了して、子供達もやり遂げた感はあったみたいです。またもう少し大きく(成長)なってから来たいとリピータになる事を宣言していました。あなた達は体力が上がってくるかも知れないけど、こっちは体力は日に日に下がっていくのですが。。。また来ます。



情報

<住所> 大阪府豊能群能勢町宿野437-1

<電話> 090-4643-4010

<HP> http://forest-ad.jp/nose/ ※予約は必須です。

<googleマップ>








  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*